FPSゲームは家庭用に移行?

最近、無料FPSが少ないと感じることってありませんか?

家庭用ゲームでは、SOCOMやコールオブデューティーなど、新作が続々と出てきています。

需要は結構あると思うんですが、どうしてなんでしょう。

気付いたらブラックショットとかサービス終了してしまっています。

儲からないって事なんですかね?

現状のFPSは、無料ゲームの場合、課金システムで維持費を捻出しているんでしょうが、それらは基本的に期限付きの武器やアバターである場合が多く、恐らく購入者が非常に少ないのではないかと思います。

定期購入となると、更に稀でしょうから、やはりそこが原因なんでしょうかね。

それに、FPSのようなゲームは、例え高性能な武器を獲得しても必ずしもKILL数が伸びるという確証もありません。

腕次第でどうとでもなりますし、包囲されて集中砲火を受けるような状況になってしまえば、どんなに腕の立つプレイヤーも生き残れません。

結局の所、プレイヤーの立ち回り方次第というところがありますから、一度は課金しても続かない人も多いんじゃないでしょうか。

飽くまでも私の推論の域を出る話ではないんですが、こういった課金システムのままでは、何れ近い将来、確実に無料FPSといったゲームはネット上から姿を消してしまうのではないかと思います。

そうなると、やはり家庭用ハードが強いですよね。

なんせ、ソフトの販売額で確実に儲けが出ますし、PS3のように課金アイテムを取り扱うシステムだってあります。

ソフト自体にオフラインモードなどを持つゲームも多いですから、無料のFPSよりお得感は断然強くなるんですよね。

無料という点が一番のセールスポイントであるFPSが、課金システムを持つこと事態、矛盾しているのかも知れません。


FPSゲームの紹介

無料提供されているFPSが減少傾向にある現在、家庭用ゲームソフトとして開発される作品はその販売数を今尚増加させています。

コレはユーザーというより、企業体としての経済事情に問題を起していることが原因ではないでしょうか。

さて、そんなFPSというゲームジャンルですが、無料FPSが少ない現状、やはり人気を集めるのは家庭用に開発されたゲームを紹介するべきでしょう。

今回ご紹介しますのは、コールオブデューティーです。

まぁ、今更紹介するほどでは無いと思う程の人気がある作品で、2007年度には販売数が該当ランキングで一位を記録しているシリーズです。

主に世界大戦をテーマとしたFPSで、ゲーム性自体は既存のFPSとあまり違いはありません。

これほどの人気を獲得した理由の大半は、リアルなグラフィックや洗練されたシステムにあるのではないでしょうか。

ミリタリーアクションでは、プレイヤーは“リアルさ”を求めるのが一般的ですし、そういった意味ではとにかく秀逸な作品と言えるでしょうね。

オンラインモードとオフラインモードがあり、ゾンビ戦まで用意されている辺りは本当に無料FPSの出る幕が無いカンジのゲームですね。

家庭用ハードのPS3やXBOXの他、PC版などもありますのでユーザに多彩な選択の幅を与えてくれているのも売れ行きの秘密ではないでしょうか。

日本では、スクウェアエニックスが販売しています。

無料FPSでは満足出来ないという方、是非ご検討を。


FPSゲームのゲーム性

ゲーム関連の話なんですけど、FPS症候群って聞いた事ありますか?

wikipediaをご覧いただけば判ると思いますが、相当笑えます。

ある意味、笑えませんよね。

FPSのプレイヤーに見られる架空の病気で、中毒症状のようなものですかね。

症状の度合いは三段階に分けられ、一段階目では日常生活に支障をきたす程ではないそうですが、二段階目に入るのかなりヤバイそうで、無意識の内に戦術的行動をとるようになるんだそうです。

例えば、道端に落ちている空き缶を見ると、それを手榴弾と錯覚し、クズカゴに放り込む際「""Fire in the hole!""」と叫ぶとか(笑)

コレ、実は自分もやった事あるんですよ・・・ヤバイですね。

三段階目に入ると、最早取り返しのつかない状態になるそうで、発症者のリアル視界にはステータスバーや装備データなどまで見えているのだとか。

幻覚症状ではないでしょうか。

FPSとか、基本的にゲームは好きですけど、流石にそこまで悲惨な結果にはなりたくない!

しかも、治せるお医者さんが居ない不治の病とかもう簡便して欲しいですよね。

でも、日本人の発症者は少ないそうですよね。

日本人は基本的に三半規管が弱いんだそうで、3D酔いし易くFPSでは長時間のゲームプレイが難しいとか書いてありました。

日本人でよかった!

けどコレ、リアルにこんな状態に陥る外人さんがホントにいるんだそうです。

中毒性が強いんですねぇ、FPSみたいなゲームって。

皆さんも気をつけましょうね?

ゲームのし過ぎでFPS症候群とか、洒落になりませんよ(笑)